« 鷲別川沿いの桜 | トップページ | これ、なーんだ »

芝の雑草

★クリックで拡大:①セイヨウタンポポ ★クリックで拡大:②シロツメクサ ★クリックで拡大:③ヒメジョオン? ★クリックで拡大:④タチイヌノフグリ ★クリックで拡大:⑤スズメノカタビラ ★クリックで拡大:⑥スギナ ★クリックで拡大:⑦チドメグサ ★クリックで拡大:⑧ビオラ ★クリックで拡大:⑨ハコベ ★クリックで拡大:⑩カモガヤ ★クリックで拡大:⑪名称不明 ★クリックで拡大:⑫名称不明 ★クリックで拡大:⑬オオバコ ★クリックで拡大:⑭ヒメスイバ ★クリックで拡大:⑮ワスレナグサ
週末、少し時間ができたので芝の手入れをしました。なんと今ごろやっと、今シーズン初芝刈り・・・。(いくら雪が多い冬だったとは言っても遅すぎですね) 当然、雑草にやられ放題で写真のようなありさまです。
ここで敢えて雑草と書いてますが、雑草という名の植物は無く、全てに名前があるハズです。それでも「芝に生えたら薔薇でも雑草」と心に決めて容赦無く取り除きます。な~んて言ってたのは遠い昔。今はすっかり「雑草」達の楽園・・・。

左上から右へ順に名前と雑草的観点での特徴を書いておきます。 (※名前が分からないものが有ります。お解りの方はお教え頂ければ幸いです。)
①セイヨウタンポポ:根が深いが上手く抜けると結構楽しい。意外ですが多年草。
②シロツメクサ:茎が地面を這い、どんどん広がり根を下ろす。放置すると広範囲に占領される。量が少なければ取る作業は最も楽しい雑草。これも多年草。
③ヒメジョオン?(※成長させてから再度確認してみます。)
④タチイヌノフグリ:可愛い花だが、名前の由来を聞いてズッコケた。誰が付けたか知らないが好き勝手に命名するにも程がある・・・。
⑤スズメノカタビラ:一年生のイネ科雑草なので種を作らせる前に取り除けは良いのでしょうが、ご覧の通りになってしまいました・・・。
⑥スギナ:最近、芝生に進出してきたもよう。そのまま刈り込んでごまかすつもり・・・。
⑦チドメグサ:これは最もやっかい。キラキラ葉っぱが目立つし、取ろうとしても地面を這う茎が途中で切れやすくて根が残ってしまい直ぐに復活する。おまけに葉っぱの成分のせいか、むしり取っているうちに指先がピリピリと痛くなる。
⑧ビオラ:雑草と呼ぶのは少々可愛そうだが、花壇から種がこぼれて芝生内に点在。容赦無く駆除・・・ごめんなさい。
⑨ハコベ:子供の頃、家で飼っていた「ジュウシマツのチチ」によくあげていた。雑草的には取りやすくそれほど増えないのでどうと言うことは無い。
メヒシバ カモガヤ(訂正):これを生やしちゃやばいでしょ。芝生じゃなくて只の草むらになっちゃう。根っこからもぎ取って芝の種まいて部分補修するべし。
⑪※名称不明
⑫※名称不明
⑬オオバコ:葉っぱが大きく目立つので、見つけたら引っこ抜くべし。多年草。長く伸びる穂を二人で交差させて引っ張り合う遊びを子供の頃しませんでした?太いから強いとは限らないんですよね~。芝生では穂を出す前に取り除きましょう。
⑭ヒメスイバ:我が家の芝生では数が多い雑草。取りやすいので余り成長する前に摘み取るべし。多年草。
⑮ワスレナグサ:一般的に雑草扱いされてませんが、芝に生えたら薔薇でも雑草ですから・・・。多年草。

さて、季節が変わると雑草達も違った顔ぶれになりますのでまたいずれ紹介致します。
ちなみに、子供達が思う存分裸足で寝っ転がって遊ぶ為の芝生なので除草剤は一切使いません。

あっ、今週の手入れ後はこんな感じです↓。かなり激しい虎刈りですが、遠くからパッと見は芝生っぽい・・・汗。
虎刈りの芝生

※6/1追記:asaimotoakiさんに③⑩⑭を教えて頂きました。ありがとうございます!教えて頂いたサイトもとても参考になりますね!

|

« 鷲別川沿いの桜 | トップページ | これ、なーんだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13449/48490911

この記事へのトラックバック一覧です: 芝の雑草:

« 鷲別川沿いの桜 | トップページ | これ、なーんだ »