« いつの間にか・・・夏 | トップページ | 白石玉貴-真夏の出来事 »

芝の雑草取り

今日はしばらくぶりに芝の雑草取り。朝から夕方まで、かなり頑張りました。
1ヶ月もほったらかしだったので、芝と外側の境界が雑草に進出されて「ボウボウ」・・・汗。
芝刈りだけは2週間ほど前に一度したのですが、雑草の成長が最も盛んなこの時期に1ヶ月もほったらかしだったので境目は雑草に占領された所もあるほど惨憺たる有り様。

芝の雑草取りは見た目ほど楽ではありませんが、無心になれるのでストレス解消になり、結構好きです。

自分なりに戦略を考えて雑草と陣取り合戦をする感覚。
そして自分なりにコツをつかんだつもりになっています。
そのコツとは・・・、

1.芝生と外の境界をはっきりさせる。
 我が家はレンガで芝生と雑草ゾーンを分断。そして、「芝生に生えたらバラでも雑草!」と決めて容赦はしない。

2.雑草取り作戦その1:エリア集中作戦。
 その日にキレイにするエリアを決めてその中だけ集中して全ての雑草を取り去る。

3.雑草取り作戦その2:種類集中作戦。
 その日に取り去る雑草の種類を決めて、その種類の雑草だけに着目して芝生全体から一本残らず取り去る。特に花を付けている奴が目立つので取りやすく、種を落とす前が効果的。

4.一見キレイにする作戦。
 正確には雑草取りの作戦ではないが、芝生の見栄えを良くする為に、境界のレンガに覆い被さる雑草と芝側をキレイに切り揃える。
剪定バサミでチョキチョキ、結構楽しい。

芝生もそれなりの面積になると、全体の全ての種類の雑草を1日で取り去るのは不可能。
一見芝のように見える雑草があったり、進出されるともう張り替えるしか無いような絶望の雑草があったりで意外と頭を使います。
いろいろと作戦を立てて楽しみながら、出来る範囲で手入れしています。

※ここでおまけ
雑草と言う名の植物は無いとよく言いますね。例えば我が家の芝生に生えてくるものだけでも、
「ヒメシバ」「スズメノカタビラ」「ハマスゲ」「セイヨウタンポポ」「オオバコ」「カラスノエンドウ」「カタバミ」「イヌタデ」「スミレ」「ワスレナグサ」そして、「シロツメクサ」などなど・・・。
可愛い花を咲かせる野草もあります・・・が、
「芝生に生えたらバラでも雑草!」と、心を鬼にして掛からなければ、芝生はたちまち雑草ぼうぼうの野っ原に変わってしまいます。
などと言いつつ、天気の良いのんびり出来る休日は、黙々と雑草取りに励む、芝生担当の独り言でした。
今日は良い気分転換になった・・・(^^)

|

« いつの間にか・・・夏 | トップページ | 白石玉貴-真夏の出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13449/4801721

この記事へのトラックバック一覧です: 芝の雑草取り:

« いつの間にか・・・夏 | トップページ | 白石玉貴-真夏の出来事 »